落ち着いた時間が流れる場所

介護の現場で働く看護師も増えてきています。実際、一般的な病院とは環境が大きく違い、もちろん病院の方が働きやすいという人もいますが、介護施設で働くことにメリットを感じる人も決して少なくありません。とりわけ大きな違いとしては、患者や施設の利用者との関係性というものが挙げられるでしょう。病院においては、患者とは基本的に病院の中だけの関係です。一方、介護における看護というのは、施設の利用者の生活全般を受け持つということになります。すなわち、病気の治療ではなく、生活を支えるということに比重が置かれているため、より密接なかかわり合いを持つことができるのです。利用者の生活に直に触れて、病気とどのように向き合っているのか、はたまたその人の人生にも大きく関わっていくことになるでしょう。

それは同時に、医療の現場と違ってより落ち着いた看護ができるということでもあります。医療現場においては、時間に追われながら仕事に従事しなければなりません。手術や施術は一分一秒を争うということもあり、院内に慌ただしい緊張が走ることも一再ではありません。特別養護老人ホームやデイサービスにはそうした慌ただしい一瞬というものがほとんどなく、むしろ穏やかでゆっくりとした生活の中で、ちょっとした変化を敏感に感じ取ったりなど、病気の治癒ということではなく回復や予防に眼目が置かれています。そうした落ち着いた環境は、とかく時間に追われがちな看護師にとってかなり新鮮に映るかもしれません。介護の現場で働くことを考えた際には、こうした環境の違いや看護師の仕事と介護の仕事の違いについて予め知っておくといいでしょう。例えば、こちらのサイトなんかは分かりやすくておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です